MOCLAS HOUSE

モクラスの家づくり

FOUR POINTS
モクラスの家づくり
-4つのポイント-

01 PRICE

こだわりの注文住宅を
価格を抑えてご提案します。

自社設計・自社施工により、
無駄な中間マージンをカット。

大手ハウスメーカーのような下請け・孫請けの施工システムや、設計事務所のような外部施工等、無駄な中間マージンを排除し、また、自社で木材を仕入れ、管理することで、コストパフォーマンスに優れる家を実現しました。

こだわりのポイントを押さえて、具体的なプランをご提案

お客様のご要望をそのまま聞いて実行するだけでは、積み上げ式にどんどんコストのかかるプランになってしまいます。こだわりのポイントをしっかり押さえながら、お客様に合わせた具体的なプランを原価を絞り込んだ上でご提案するようにしています。

02 SAFETY

家族を守る安心の住宅

高耐久な「ベタ基礎」を標準採用

一般の木造住宅の基礎では、柱・壁のある部分にしか、基礎の立ち上がりを入れませんが、モクラスでは基礎の立ち上がりで区画されたスラブ区画が4m以下となるように補強設計されています。

地震に強い、高強度剛床工法

モクラスの剛床工法は、屋外での使用も可能な接着性能を有した「特類」の合板で厚み28mmのモノを使用しております。釘の種類・サイズ・間隔を定め、梁や土台・大引きなどの床組にしっかりと固定します。さらに、床組となる梁・土台・大引きをマス目状に組み上げることにより、一般的な剛床工法に比べ、約2.5倍※1の強度を得ることができます。マス目状に床組をした剛床構造は、耐震性を増すだけでなく、床の厚みもしっかりありますので、防音性・床鳴りの防止などにも効果があります。また、火災時には下からの燃え広がりを抑えることもできます。※1 品確法で定められた床倍率による。

合成をつくるための接着性能は、最高レベルの「特類」を使用

接着剤の耐久性による分類は「類」で表され、「特類」と「1類」があります。「特類」は屋外または常時湿潤な状態にある場所に使用されるものを対象としており、接着剤はフェノール系樹脂と同等以上の性能を有するものが使用されます。床合板や野地合板は「1類」でも
使用可能ですが、モクラスでは構造部として使用される合板の全てに、より高い接着性能の高い「特類」の合板を採用しています。

03 QUALITY

快適に過ごせる
住まいづくりの工夫

2020年 未来標準の家づくり

2020年度から「省エネ基準適合住宅の義務化」が始まります。一歩進んだ省エネ性能が求められることになりました。モクラスでは、その基準となる数値を大幅にクリアしております。
※下記のグラフをご参照ください。

2020年度から「省エネ基準適合住宅の義務化」が始まります。一歩進んだ省エネ性能が求められることになりました。モクラスでは、その基準となる数値を大幅にクリアしております。
※下記のグラフをご参照ください。

窓にはアルミと樹脂を融合したハイブリッド窓、床の断熱は高断熱なパネルタイプを採用し、壁は高性能な繊維系断熱材を使用することで、室内の温度差も抑えられ、冷暖房費を抑えることができるので、節約&省エネにもなります。

床断熱

壁天井

ウレタン吹付アクアフォーム
※オプションにて、ウレタン吹付アクアフォームへの変更も可能です。
断熱性[UA値・外皮平均熱貫流率]

建物全体(屋根・外壁・開口部・基礎)での断熱性を表す数値。
数値が低いほど断熱性能に優れた家と言えます。

気密性[C値]※ウレタン吹付アクアフォーム
使用時

建物の床面積1㎡あたりの隙間の面積を表す数値。数値が低いほど、隙間が少ない気密性の高い家と言えます。
※次世代エネルギー基準の時、採用された性能規定

家を長持ちさせる通気工法

腐朽菌やシロアリ、カビ、ダニなどの繁殖を防ぎ、木造住宅の性能を維持するには、建物内の湿気の滞留を防止することが重要です。モクラスでは、壁体内に侵入した湿気や小屋裏の熱気をスムーズに排出するための空気の流れを建物の外周部に作ります。湿気を屋外に排出し、構造体をいつでもベストな状態に保ち続けることができます。

優れた『遮熱性』『防水性』『耐火性』のアルミシート

モクラスでは、断熱材・サッシ(窓)だけではなく、外壁に使用するシートについても厳選し、より快適な空間の形成に努めています。
一般的に、よく使用されている外部シートは透湿、防水機能のみのものがほとんどですが、モクラスではその機能に遮熱機能を加えたアルミシートを使用することで、冷暖房効率がUPし、省エネにもつながります。

04 ASSISTANCE

公的制度を利用した賢い家づくり

現在、住宅を新築、リフォームする際に利用できる様々な優遇制度があります。
(例:すまい給付金、地域型グリーン化事業、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業、県産材使用の住宅への補助金等)

モクラスでは、プラン設計時に制度のご紹介も同時に行いますので、
安心してご相談ください。